iPhon修理のプロテクター「モバプロ」

iPhone修理ならiPhone、iPad修理のモバイルフォンプロテクター(モバプロ)メーカーや正規サービスより安く、早く、データを消さずに修理できます!

液晶・フロントパネル交換修理

データ消さずに画面修理できる?即日修理したいならモバプロへ!! 2015.02.28

時間がない!急いで移動しなきゃ!

そんなときって多いですよね。特に階段を降りているときは注意です。自分が急いでいる時は、大抵同じような人が他にもたくさんいます。

iPhoneをポケットに入れておくという方が多いと思うのですが、急いで階段を降りているときに落としてしまわないよう要注意です。

 

高いところからiPhoneを落としてしまい、落としたiPhoneを拾ったら画面が割れていた。ちゃんと動作するかどうか確かめようとしたら、なんだか画面が暗い……そんなとき、どうしたらいいのでしょう?

画面が真っ暗で何も見えないとき

1.電源が入っているかどうかを確認

まずはiPhoneの電源が入っているかどうかを確かめます。

iPhoneの左側面にあるマナーモード切替えスイッチを操作してみます。マナーモードでバイブに設定してあると、電源が入っている場合にはブゥンという短いバイブ振動があるはずです。

 

2.電源を切って再起動してみる

電源が入っているにもかかわらず画面が暗い場合は、電源を切ってみましょう。

iPhoneの上部にあるスリープボタンを長押しすると「スライドして電下オフ」という表示が出るので、スライドして電源をオフにします。電源をオンにするには、スリープボタンを長押ししてください。

 

画面に何も表示されないと焦ってしまいますが、慌てずに落ち着いて応急処置をしましょう!

iPhonekosyou

 

ディスプレイの明度が自動的に調整されないとき

iPhoneには、明るさを自動的に調節する機能がついています。そのセンサーがきちんと機能しているかどうかを調べましょう。

 

1.光センサーの確認

iPhoneで電話するときに耳に当てる部分ありますよね。そのすぐ上の部分に丸いものがあるのはわかりますか? そこが光センサーとなります。まずはその部分がフィルムやケースなどで覆われていないことを確認しましょう。

 

2.明度の調整

iPhoneの「設定」から「画面表示と明るさ」を選択し、「明るさの自動調整」がオンになっているかどうかを確認します。オンになっていればオーケー。オンになっていない場合はオンにしましょう。

 

白い画面が表示されるとき

電源を切って再起動するか、iPhoneのリセットをしましょう。リセットの方法はスリープボタンとホームボタンを同時に押して十秒以上待ちます。リンゴマークが出ればリセット完了。なお、リセットするとiPhoneの設定がすべて初期化されてしまうので注意してください。

 

上記の方法でもダメな場合は、新しく端末を買い替えるか、お店に修理に持って行くか、どちらかを選択する必要があります。しかし、新しく買い替えるといっても、iPhoneは高いのでお金がかかるし大変ですよね。そんなときは修理することをおすすめします。

 

iPhoneの修理

落として画面を割ってしまったという場合は、残念ながらAppleの保障対象外となります。iPhoneを購入して一年以上経過している場合も保障期間の対象外となりますのでご注意ください。

保証対象外であっても、Appleは修理を受け付けてくれる場合があるのですが、有償での修理になってしまう点に気を付けましょう。その場合、最新機種であれば三万円以上のお金がかかってしまうことになります。

 

もしiPhoneを落として画面を割ってしまったときは、キャリアショップやアップルストアではなく、修理費用が安価な正規代理店・修理専門店にiPhoneを持って行きましょう。

データも端末もお任せください!!

当店ではiPhoneの修理技術について知り尽くした専門のスタッフがいます。

アップルストアやキャリアショップに持って行った場合ですと、iPhoneが新品になって返ってくることが多く、その場合大事な中のデータが消えてしまうことになります。

本体が新品でも、データもまっさらになってしまうと大変ですよね。

kashiwa_img04

当店であればデータもそのまま、本体も綺麗になります!お時間も取らせません!!

また事前に1度お電話を頂けると、万全の状態でお話をお伺いできますので、ご来店前にはまず1度お電話くださいね!

もちろん飛び込みで来ていただいても大歓迎です!!