iPhone修理のプロテクター「モバプロ」

予約なしでも即日対応可能です!

お知らせ一覧

正しい水没の対処法は? 2018.02.04

モバプロ大和店です。

 

 

「iPhoneを水没させてしまった!」

 

お尻のポケットに入れていてトイレにうっかり…

お風呂で滑って落としてしまった、洗濯物と一緒に洗濯してしまった…

という経験がある方も多いのでは?

 

lgf01a201406202200

 

こればかりはしょうがないことですが、水没後、どのように対処しますか?

乾かした方がいい?悪いの?スマホに慣れていない人ほど対処法に悩むのでは?

 

 

最終的には修理に出すという答えに辿り着きますが、

落とした直後はパニックになり、間違った対処法をしがちです。

てなわけで今日は水没の正しい対処法についてご紹介します!!

 

 

 

水没後の対処法

 

①電源は切る・充電器は挿し込まない

 

Appleの対応でも「電源を入れたり、充電器には挿し込まないようにしてください」と言われます。

電流を流すことによってバッテリーがショートする恐れがあります。

直ったかな?と確認で、つい電源を入れてみたくなる気持ちもありますが、

水没直後は絶対に電源を入れないようにしてください。

 

 

②カバー類を外す・周りの水分を拭き取る

 

カバー類を外して、本体周りの水分をティッシュで拭き取ります。

くれぐれも内部に侵入した水を出すために、端末を振ったりはしないでください。

 

 

③SIMカードを取り出す

 

SIMカードを外し、水分を水分を拭き取り乾燥させて下さい。

取り外すためのものは付属で付いていますが、

その場にない場合は先端が細いもの(安全ピン)などで取り出すことができます。

 

 

 

間違った対処法

 

◇基本的に乾かすのはダメ

 

例えば、ドライヤーで乾かしたり、電子レンジに入れて乾かすなど。

電子レンジで乾かすというのも斬新ですが…

本当にお客様で「電子レンジで乾かしてみたんですけど

電源点きませんでした」という方がいらっしゃいましたので。

 

乾かすという行為がかえって、

iPhoneの中の基盤の腐敗を進めてしまいます。

 

 

◇iPhoneを振ってはいけない

 

先程もお伝えしましたが、

iPhoneを振ることによって内部の水が奥まで侵入してしまい、

状態を悪化させてしまう恐れがあるので、絶対に振らないで下さい。

 

 

 

最後に

 

水没は時間との勝負になりますので正しい対処法を行ったうえで、
ジップロックなどの密閉袋に乾燥剤を入れ、すぐに修理屋さんにお持ち込み下さい。

 

ちなみに大和店、水没復旧率グングン上がっております!!

 

トイレに落とした、海水・プールに落とした、洗濯機で回してしまった…

あるいは調味料をこぼしてしまったなど。

水没して電源が点かなくなったとしても復旧する可能性はあります!

諦めずにお持ち込み下さいませ。

 

本日もご来店お待ちしております。