iPhone修理のプロテクター「モバプロ」

予約なしでも即日対応可能です!

バッテリー交換修理

電池の持ちが悪くなったら、まず確認しておくべきこと 2017.10.14

バッテリーの減りが早いのは修理不可!?

最近お客様からバッテリーの減りが早いので、修理して欲しいというお問い合わせが増えております。

中には、2年以上使われている方が多い6s以前のシリーズだけでなく、発売から1年ほどの7シリーズの問い合わせも少なくないです!

全て当店で修理可能です!

と、言いたいところですが、

修理できない場合もあります…。

具体的にはどういったケースが修理できないのか、お話ししたいと思います。

 

原因はバッテリーだけじゃない!?

実は、バッテリーの減りが早くなる要因はいくつかあります。

  • バッテリーの劣化
  • 基盤の劣化
  • OSのバージョンによる消費電力の違い

他にもあると思いますが、大きくこの3つです。

 

まず一つ目のバッテリーの劣化。

これは、バッテリーの交換で修理可能です。

二つ目の基盤の劣化。

この場合、ほとんどの修理店では対応不可となります。

そして、3つ目、OSのバージョンによる消費電力の違い。

iOS11が発表されてから、これが原因で消耗が早くなっている方、

かなり増えてます!

この場合は、消費電力の改善された新しいiOSアップデートのリリースを待つしかありません。

 

どうやったら原因が分かる?

バッテリーの減りが早い原因がいくつかあるのは、お分かりいただけたと思いますが、

では、どうやってその原因を突き止めれば良いのでしょうか?

 

当店では、お客様が現在使用しているバッテリーの残量を測定、

新しいバッテリーの仮付けなど、

改善が見られた場合にしか、交換を行っておりません。

残量に問題が無ければ、バッテリーを交換したところで、改善はされないからです。

 

実績のあるお店で点検してもらうのがオススメ!

とはいえ、お客様ご自身では判断しづらい部分となってしまいます。

まずは、当店までご相談いただければ、どこが原因かお調べします!

お待ちしております!