iPhone修理のプロテクター「モバプロ」

予約なしでも即日対応可能です!

iPhoneでiOSをアップデートできない・起動しないときの対処法 2018.02.19

iPhone修理『モバプロ』自由が丘店です。

 

syokikaiPhone

 

最近メチャクチャ多い問い合わせの中にこの症状があります。

 

 

それは・・・

 

『リンゴループやシステム障害で

    iPhoneが突如起動しないという事象』

 

プチ情報として

 

iOSのアップデートは、新機能を使ったり、不具合の修正をしたりするのに欠かせません。

しかし、Wi-Fi経由で端末からアップデートしようとすると、エラーが出ることも。

そんな場合は、以下の項目を順番に確認してみてください。

 

 

〇容量不足が原因

 iPhoneの容量16GB、32Gなどの容量の

 使用可能ギガ数がパンパンで残りがほぼ無いと起きるといわれております。

なので・・・

もし、使っていないアプリがあるのでしたら削除やアンインストールすると、

空き容量の改善ができます。

 

アプリケーションを削除するには

「設定」から「一般」→「ソフトウェアアップデート」を選択し、「使用状況」を選択します。

 

また、各アプリがどれくら容量を食っているかのチェックもできます。

 

「設定」から「一般」→「ストレージと iCloud の使用状況」→「ストレージを管理」で

アプリの一覧が表示されます。

 

使っていないアプリ・いらないアプリはこの時点でアンインストールしましょう。

 

 

〇アップデートをいったん削除する

iPhoneのバージョンアップのためのアップデートなら、

もう一度最初からダウンロードが行えるようにしてみてください。

  1. 「設定」から「一般」→「ストレージと iCloud の使用状況」の順番に選択し、「ストレージ」の下の「ストレージを管理」をタップ
  2. アプリのリストの中から、iOSのアップデートを探し、「アップデートを削除」をタップ
  3. 再び「設定」から「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順にタップし、最新のiOSアップデートをダウンロードします
  ただこの状態の直りは最近あまりないともいわれております・・・

〇インターネットへの接続

アップデートのダウンロードにかかる時間は、

アップロードのサイズやインターネットの速度により異なります。

他のアプリで遊びながらや同時に何かをダウンロードするのを控えて行う。

ただ最近言われているのは、3Gや4Gのいわゆるモバイルデータ通信や

Wi-Fi接続でのダウンロードに問題があるのでは?と言われております。

なぜならこのアップデート途中でリンゴループになり、起動が出来なくなったと

ご来店するお客様も正直、結構な数います。

 

 アップデートをするのであれば

 PCの有線で繋ぐ > Wi-Fiで繋ぐ > モバイルデータ通信

 

といった感じでアップデート環境があれば上記を優先してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

バッテリー容量が少ない

バッテリー残量が少ない場合、ダウンロードが滞る可能性があります。あらかじめ充電してからアップデートを行いましょう。

最近はバッテリー容量が足りませんと出てくるようになりました。

容量がなく途中で止まり起動しなくなったというお客様もいるみたいなので

古いiPhoneでそもそもバッテリーの減りが早いお客様はバッテリー修理で1度改善していても

良いかもしれません

 

 

それでもアップデートできない場合は……

もし上記の項目を試してみてもアップデートができない場合は、こちら

 

 

iPhone修理のモバプロ自由が丘店

住所    東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート1階

最寄り駅    東急東横線・大井町線『自由が丘駅』 徒歩15秒

        東急目黒線『奥沢駅』徒歩7分

電話番号

080-9195-1515

営業時間

10:00~20:00

定休日

水曜日(祝日を除く)

対応機種

iPhone :X 8 8Plus 7 7Plus 6s 6sPlus 6 6 Plus SE 5S

当店は東急自由が丘駅正面口の真隣り!

自由が丘デパート1階にございます。
修理対象機種は、iPhone 3Gから最新のX、iPad、iPodシリーズなど。
画面割れ、水没復旧、バッテリー交換、データ移行、システム復旧、リンゴループ等の修理・受付をしております!
Android修理、ゲーム修理も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください!
修理価格は格安にてご案内。即日修理・即日お渡しでご対応可能。